トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  生え際の薄毛の原因と対策

女性の生え際の薄毛・後退の原因と改善対策まとめ

"

女性の生え際の薄毛・後退の原因

ストレス

薄毛の原因の1つにストレスが挙げられます。

近年社会で活躍する女性が増えると同時に、仕事でのストレスというのもつきものです。また出産、育児、嫁姑問題といった、女性ならではの出来事もストレスの原因です。

ストレスを感じるとホルモンバランスの乱れ、血行不良、栄養障害などが生じ、これらが薄毛へと繋がっていきます。

またストレス解消のために喫煙している場合、体内の血液循環が悪くなり、結果的に頭皮に栄養が行き渡らずに薄毛を招いてしまいます。

ストレスを抱えてしまうと、自律神経がおかしくなりホルモンのバランスも崩れてきてしまいます。

そうなると栄養もきちんと身体中に行き渡らなくなり、結果的に薄毛になってしまうと言う事になるのです。

引用URL:http://www.colorful-hirameki.jp/cause/stress.html


女性ホルモンの低下

女性ホルモンの分泌量が低下すると、髪の毛が細くなったり、柔らかくなったりと髪質の変化が生じます。これにより毛量がボリュームダウンし薄毛になったように感じられます。

これは女性特有の症状で「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

女性ホルモンの分泌量は20歳をピークにして40代まで維持しますが、その後急激に分泌量が低下します。そのため年を重ねるごとに症状が現れやすくなってきます。

食生活の乱れやダイエット

髪の毛はその9割がタンパク質で構成されています。外側から髪の毛をケアするだけでなく、内側から十分なたんぱく質やミネラル、ビタミンなどを摂取することで、健康な髪の毛が生まれます。

若い女性の間での極端な食事制限ダイエットは問題になっていますが、このようなダイエットは体がやせ細っていくだけでなく、髪の毛も細く衰えていってしまいます。

偏食でご飯を食べずにお菓子を食べる習慣もよく聞く話ですが、このような乱れた食生活も薄毛を招く大きな原因です。

ファンデーションや洗顔料

前髪やおでこ付近の生え際の後退や薄毛の原因はファンデーションや洗顔料にあるかもしれません。

毎日スキンケアをする女性は多いですが、意外と盲点になっているのが流しきれていない洗顔料や、落としきれていないファンデーションです。

おでこと生え際の境界はファンデーションや洗顔料が非常に残留しやすく、更にそれが毎日のこととなると、生え際の毛穴を詰まらせるなど、頭皮にかなりの負担をかけてしまいます。

シャンプーと頭皮ケア

頭皮の状態が良くないと、必然的に髪の毛も細くなっていき、抜け毛や薄毛につながっていきます。とくに間違った頭皮ケアによって頭皮の状態が悪化してしまうことがよくあります。

まずは洗髪の際にシャンプーやコンディショナーが流しきれていないために、頭皮の毛穴が塞がってしまい、毛が生えてこなくなってしまうという問題です。

更にシャンプーの品質が良くないと、頭皮に負担をかける化学物質やシリコンなどが含まれていることが多くあります。

髪型が前髪に負担をかけている

前髪をきゅっとあげ、綺麗なおでこを見せていると、それだけで知的さを感じます。長い髪をポニーテールにした姿は、スポーティーで活発な印象を与えます。また、顔のリフトアップ効果を狙って、前髪から後ろへ強く結ぶ方もいらっしゃいます。

おでこを見せることは清潔感も与え、風水でも運が上がると言われるなど、プラスになることが多いです。

しかし前髪は、常に引っ張られている状態になり、ポニーテールなどは、髪の重みも加わり、さらに引っ張られています。そのような状態を続けていると前髪に負担がかかってきます。

女性の生え際の薄毛・後退の改善対策

家族や友人と話す・趣味を持つ

悩みやストレスを一人で溜め込んでしまうのは薄毛にも心身の健康にもよくありません。

ストレスをため込みやすい方は、家族や友人と話す時間を設けたり、楽しめる趣味をもったりして、自分なりのストレス発散方法を持つのが大事です。

ただし過度なスマホの使用はお勧めしません。ストレス発散目的に作られたスマホアプリや面白いゲームなど、スマホ色々遊べて便利ですが、あまり使いすぎるとかえって薄毛に悪影響を及ぼします。

眼精疲労により、首まわりや肩の筋肉が凝り固まってしまい、血行不良が引き起こされるためです。

目が疲れていると、頭痛や肩こりめまいといった症状が頻繁に出てきますよね。

これは目の筋肉が眼精疲労によってあまり動かなくなってしまっていて、それが連動して首の筋肉や肩の筋肉も硬くなってしまい、血液の流れが悪くなってしまって頭痛や肩こりといった症状が出てきてしまいます。

この頭痛や肩こりが原因となって頭皮の血行不良になったり硬くなってしまったりして抜け毛が増えてしまいます。

引用URL:http://xn--u9jtfub9363e.jp/me-nukege-172


食生活を見直す

バランスの取れた食生活は、健康な髪の毛をつくる基本中の基本です。

髪の毛の生成に必要不可欠な成分が、タンパク質・ビタミン・ミネラル・アミノ酸です。これらの栄養が十分に取れていないと、いくら他の薄毛対策を行ったところで健康な髪の毛は生えてきません。

卵や鶏肉、豆類などタンパク質を中心に、ナッツや緑黄色野菜など摂取してその他の栄養素を摂取すると良いでしょう。

育毛剤

育毛剤というと男性向けのイメージがありますが、最近では女性向けの育毛剤も数多く出てきました。

メーカーによりそれぞれ特徴が異なりますが、ご自身の薄毛のタイプに合ったものを使用するとよいでしょう。

また同時に頭皮マッサージを行うと、頭皮の血行不良が改善されるのでより高い効果が期待できます。

ヘアスタイル

ヘアスタイルを工夫することで、髪の毛をボリュームアップさせ薄毛をカバーすることが出来ます。

特に前髪などの分け目がいつも同じ場合、毛穴の向きが固定され、髪の毛がぺったりと寝てしまっていることがあります。

髪の毛を乾かす際に、分け目の位置を変えるなどして毛穴の向きを変えてあげると良いでしょう。そうすることで毛穴が上を向き、ふんわりとした印象に仕上がります。

また後頭部のボリュームをコントロールすることで、全体の印象を大きく変えることが出来ます。スタイリングの前に、カーラーで後頭部の根元の毛を巻くことで、根元からふんわりと髪の毛を立ち上がらせることが出来ます。

頭の形も綺麗にみせてくれるのでお勧めです。

ノンシリコンシャンプー、オーガニックシャンプーの使用

シャンプーに含まれるシリコンや化学物質などが頭皮に悪影響を与えることは上述しました。

これに対する対策としては、極力ノンシリコンや無添加のシャンプーなど、頭皮に負担をかけない成分が含まれたシャンプーを使用すると良いでしょう。

ノンシリコンシャンプーは最近では比較的一般的になってきましたが、より成分にこだわる場合は、石油系界面活性剤が含まれていないシャンプーを選ぶとよいでしょう。

アミノ酸系のものなど比較的頭皮にやさしい成分のものを選びましょう。そして頭皮にシャンプーやトリートメントが残らないよう、最後は必ずしっかりと洗い流しましょう。

髪型を変える

毎日、前髪をギュッとあげる髪型をやめ、生え際を休ませてあげるような髪型を2~3日置きにするように心がけることが必要です。髪型を変える事で日常に変化が生まれ、気分も変わります。

髪型を変えて、新たな自分を見つけてみましょう。

生え際の薄毛にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。




女性用育毛サプリを評価!

女性用育毛サプリを、配合成分で評価しました!