トップページ >  育毛に役立つ様々な知識 >  薄毛にいい食生活

女性の薄毛にいい食べ物・食生活・食事方法まとめ

大豆食品を多く摂って毛髪の成長促進

女性の薄毛の原因の一つとして加齢による女性ホルモン、エストロゲンの減少があります。

毛髪の成長を促す成分であるこのエストロゲンですが、食事で摂取できる大豆イソフラボンという成分が似た働きをしてくれます。

大豆イソフラボンを含む食品は、名前からある通り主に大豆から作られるもので豆腐、納豆、豆乳、油揚げ等です。

また、味噌や醤油といった調味料も大豆イソフラボンを多く含みますので積極的に料理に取り入れるといいでしょう。

しかし味噌や醤油には必要な成分以外にも塩分を多く含んでいますので必要以上に摂り過ぎない、減塩のものにする等の工夫は必要です。

健康な髪にするにはアミノ酸

アミノ酸は髪の毛を構成するたんぱく質の素です。 材料であるアミノ酸が十分でないと髪の毛のやせ細り、成長する前に抜けてしまう可能性があります。

ですので良質なアミノ酸を摂取するということは健康な髪の毛の必須条件とも言えます。

良質なアミノ酸を含む食材は、肉類、魚介類、乳製品、豆類等です。

肉類に関しては脂肪を多く含むものを摂ってしまうと逆効果になりかねませんので、ささみやレバーなどの脂肪が少ない部位を摂るようにしましょう。

また、取り入れ方として例えば寝る前にコップ一杯の牛乳を飲むといった手軽な方法から取り入れると長続きしやすいでしょう。

ビタミンで健康な髪サイクルへ

大豆イソフラボン、アミノ酸が髪の成長促進を目指すのに対し、そもそも髪を生やすためには各種ビタミンを摂ることも大事です。

ビタミンは主に血管を丈夫にする、血流促進、毛母細胞の細胞分裂の活発化といった髪を作り出す働きがあります。

また、この成分は必要とする量が多量ではないため手軽に摂取できるといったメリットもあります。

全13種類あるビタミンですが、髪に有効とされるのが特にビタミンB群とされています。 このビタミンB群を多く含む食品はレバー、マグロになります。

特にレバーはたった50gで1日に必要な量のビタミンからたんぱく質から鉄まで豊富に摂ることができます。

栄養不足、特定成分の過剰摂取など見直すべき食生活

大豆やアミノ酸など髪にいい成分を摂っていたとしてもやはり不健康な食生活では髪にはマイナスになってしまいます。

仕事で自炊をする時間がなく外食やジャンクフードなどの塩分、資質過多といった場合が多いのではないでしょうか。

コンビニによくあるサラダや納豆、お湯を入れるだけの味噌汁など一品増やしてみるだけでも栄養状態は改善できます。

女性の薄毛対策メニュー

薄毛対策に効果的な食事メニューの一例をのせておきます。

まずは湯豆腐、豆腐は大豆イソフラボンを多く含みます。 ここに緑黄色野菜といったビタミンを含む食材を足す、また髪の毛を成長させるミネラルを含んだ昆布で出汁を取れば完璧です。

次に出汁巻き卵、卵には良質なアミノ酸が多く含まれています。 そしてここも昆布などで出汁を取ることでミネラルを摂ります。

そして鳥レバーの味噌煮込みです。 レバーからは豊富なビタミンを、味噌からは大豆イソフラボンを摂ります。

また、味噌汁を普段から一品追加することも大事です。 具に豆腐や昆布などその日の気分に合わせて必要な成分を補給しましょう。

無理しない範囲で薄毛対策

そもそもストレスも薄毛の大きな原因の一つです。 ですので薄毛のために過度な制限を作ることでストレスをためてしまっては意味がありません。

コンビニやスーパーにある出来合いの惣菜や、自然食品の宅配弁当などを利用することでうまく自分をコントロールすることも大事です。

あれを食べなければいけない、あれは食べてはいけない、となるのではなく自分のお気に入りの食材や料理を発見する楽しみを作ることで長く楽しく続けることを目指しましょう。

女性の薄毛に効果的なサプリが一目でわかる比較表はこちら。




女性用育毛サプリを評価!

女性用育毛サプリを、配合成分で評価しました!