トップページ >  女性用育毛サプリの豆知識 >  ダイエットで薄毛になったときの対処法

ダイエットで薄毛になったときの対処法まとめ

毛髪の成長に必要な栄養分は摂取する

ダイエットによる薄毛の原因のひとつは、食事量そのものを減らすことによって、毛髪の成長に必要な栄養分まで摂取が不足してしまうことです。

栄養分が足りなければ毛髪がうまく成長できずに抜け毛が増えてしまい、薄毛になってしまうというわけです。薄毛を解消するためには、毛髪の成長に必要な栄養分だけでもちゃんと摂取するようにしましょう。

毛髪の成長に必要な栄養分は、具体的にはアミノ酸「シスチン」を含んでいるタンパク質、亜鉛、ビタミンB群です。

シスチンはカシューナッツやカツオ、亜鉛は牡蠣やビーフジャーキー、ビタミンB群はレバーやニンニクなどに多く含まれています。

こうした栄養素が含まれている食品は、上記以外にもいろいろありますので、ネットで検索をかけてみるのもいいかもしれませんね。

ストレスを上手に解消する

ダイエットをしていると、食べたいものでも我慢しなくてはなりませんので、どうしてもストレスがたまってしまいます。

問題は、こうしたストレスの蓄積が薄毛の原因になってしまうことです。

ストレスがたまっているときは、自律神経のうち交感神経の働きが強くなっています。自律神経には末梢血管を収縮させる働きがあり、これによって頭皮の血流が悪化してしまうのです。

頭皮の血流が悪化すれば、上記の栄養分が毛根に十分に行き渡らなくなります。これによって毛髪の成長が妨げられてしまい、薄毛の原因になってしまうのです。

必要以上に我慢せず、少量だけでも食べたいスイーツを食べるなどしてストレスを上手に解消することができれば、もうひとつの自律神経である副交感神経が活発になり、頭皮の血流が良化し、薄毛が解消できるというわけです。

適度な運動をする

ダイエットで陥りがちなのは、必要以上に食事量を減らすことによって常に空腹状態になり、運動不足に陥ってしまうことです。

これは心肺機能の低下によって頭皮をはじめとする全身の血流を悪化させ、抜け毛が増える原因になってしまうのです。

適度な運動をすることで心肺機能を向上させることができれば、血流の良化によって薄毛を解消することができます。また、適度な運動はストレス解消にもなりますので、血流良化の相乗効果が望めそうです。

大豆製品を摂取する

ストレスによって交感神経の働きが活発になることのデメリットには、男性ホルモンの分泌量が増加してしまうことも挙げられます。

これは毛髪の成長を促す女性ホルモンの働きを低下させてしまうことにつながり、薄毛の原因になってしまうのです。

大豆製品に含まれているイソフラボンには女性ホルモンの働きを向上させる効果がありますので、これによってホルモンバランスを整え、毛髪の成長を促しましょう。

ただ、男性の場合は過剰摂取が男性機能の低下につながる可能性がありますので、注意が必要です。

リバウンドを防止する

ありがちな例として、ちょっとダイエットに成功したら気が緩んでしまい、リバウンドして元の木阿弥になってしまうことです。

リバウンドの問題点は、ダイエットを開始する前よりも体脂肪率が上がってしまうことです。体脂肪率が上がることによって皮脂の分泌量も上昇してしまい、これによって毛穴が詰まるなどして頭皮の環境が悪化してしまいます。

頭皮環境が悪化すれば毛根に十分な栄養を与えても毛髪がうまく成長してくれなくなり、薄毛の原因になってしまうのです。せっかくのダイエットの成果が無駄になりますので、リバウンドは絶対に防止しましょう。

熟睡できる程度には食べる

ダイエット中、お腹が空いて眠れなくなるという経験をした人は、意外と多いのではないでしょうか。

毛髪の成長のカギを握っているのは成長ホルモンですが、成長ホルモンの分泌が盛んになるのは午後10時から午前2時にかけてで、この時間帯に熟睡しているとホルモンの効果が大きくなるのです。

空腹で熟睡できないと成長ホルモンの効果が十分に発揮されませんので、毛髪の成長が妨げられ、薄毛の原因になってしまうのです。

寝る直前に食べるのは太る原因なのでオススメできませんが、熟睡できる程度には食事をした方がいいのではないでしょうか。

ダイエットが原因の薄毛にいいサプリが一目でわかる比較表はこちら。




女性用育毛サプリを評価!

女性用育毛サプリを、配合成分で評価しました!